台湾代表が米大使公邸訪問 79年の断交後初

お気に入りに登録

 【台北共同】米国のヤング駐日臨時代理大使は4日、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)を大使公邸に招いたとツイッターで投稿した。中央通信社によると、台湾代表が米大使公邸に招かれ交流するのは1979年の米台断交後初めて。

 ヤング氏は日本語で「謝長廷氏を大使公邸に今週お迎えし、地域の安定、経済の繁栄、人と人とのつながりの強化など幅広いテーマにわたる共通の優先事項について意見交換しました」と投稿した。中央通信社は、謝氏は2日に訪れたと伝えた。