両陛下、岩手被災者を見舞う オンライン、即位後初交流

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東日本大震災の発生から10年を迎えるのを前に、岩手県釜石市の被災者らとオンラインで懇談される天皇、皇后両陛下=4日午後、赤坂御所(宮内庁提供)
東日本大震災の発生から10年を迎えるのを前に、岩手県釜石市の被災者らとオンラインで懇談される天皇、皇后両陛下=4日午後、赤坂御所(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下は4日、東日本大震災の発生から10年を迎えるのを前に、住まいの赤坂御所で、岩手県の被災者をオンラインで見舞われた。震災被災者との交流は、天皇陛下の即位後初めて。

 宮内庁によると、両陛下は現地訪問を強く希望していたが、新型コロナウイルス禍で実現困難となり、オンラインを活用した。

 両陛下は同県の達増拓也知事と陸前高田市の戸羽太市長から被災や復興状況について説明を受けた後、同市の被災者3人と懇談。その後、釜石市の野田武則市長からも説明を受け、同市の被災者3人とも懇談した。

 今後、宮城県についても同様のお見舞いが検討されている。