複合男子の渡部暁が「銅」 3大会連続のメダル獲得

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
複合男子個人ラージヒルで3位に入った渡部暁斗=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)
複合男子個人ラージヒルで3位に入った渡部暁斗=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)

 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第8日は4日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、複合男子個人ラージヒルで、渡部暁斗(北野建設)が3位に入った。2017年から3大会連続のメダル獲得。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS137メートル)は137・5メートルを飛んで2位。トップと22秒差で出た後半距離(10キロ)で終盤に順位を一つ落とした。前半首位で19歳のヨハネス・ランパルター(オーストリア)が逃げ切り、初優勝した。