バレー・ジェイテクト 県・秋田市と協定、公式戦や教室開催

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ユニホームを着てポーズを取る(左から)穂積市長、佐藤社長、佐竹知事
ユニホームを着てポーズを取る(左から)穂積市長、佐藤社長、佐竹知事

 秋田県と秋田市は4日、バレーボールVリーグ男子1部のジェイテクトSTINGSと活動連携協定を締結した。本県がジェイテクトのサブホームタウンの一つとなり、Vリーグ公式戦やバレーボール教室などが開かれる。

 チームは1958年発足。2013年にV1に昇格し、昨季初優勝した。ホームタウンは、母体企業で自動車部品大手のジェイテクト(佐藤和弘社長)の本社と練習拠点がある愛知県刈谷市。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 443 文字 / 残り 255 文字)

秋田の最新ニュース