勝平小吹奏楽部打楽器4人、有終の美 目標の東北大会で金賞

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の勝平小学校の吹奏楽部が、先月14日に行われた第48回全日本アンサンブルコンテスト東北大会(東北吹奏楽連盟など主催)で金賞に輝いた。打楽器四重奏の編成で参加したのは、同部の児玉暖華(はるか)さん(6年)、菅原結那(ゆな)さん(同)、菊地琉那(るな)さん(5年)、柴田菜月(なつき)さん(4年)の4人。新型コロナウイルスの影響で活動が制限される中、大会出場のかなわなかった部員の思いも背負い、見事な演奏を披露した。

全日本アンサンブルコンテスト東北大会で金賞を獲得した勝平小のメンバー。左から柴田さん、菅原さん、児玉さん、菊地さん

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 942 文字 / 残り 732 文字)

秋田の最新ニュース