定数2削減案を提出へ 仙北市議会、18から16に

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市議会は4日、議会運営委員会を開き、議員定数を現在の18から2削減して16とする条例改正案を開会中の3月定例会最終日に提出することを決めた。可決されれば、来年4月の次期改選から適用される。

 定数の削減は、議員でつくる議会改革推進協議会が前回改選後から協議を重ねてきた。協議会は今年2月、急激な人口減少とコロナ禍による市内経済の衰退を踏まえ、2削減すべきという答申をまとめ黒沢龍己議長に提出。議会に関する条例案は議運委が提出すると申し合わせていることから、黒沢議長が議運委に削減案を諮問していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 510 文字 / 残り 257 文字)

秋田の最新ニュース