「赤物」で病魔退散、郷土玩具展示 赤れんが郷土館

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の赤れんが郷土館で、本県などに古くから伝わる郷土玩具を紹介する企画展が行われ、各地の伝統や生活習慣などを反映した玩具や人形約200点がテーマごとに並んでいる。来月18日まで。

 本県の郷土玩具は、色鮮やかな土人形の八橋人形(秋田市)や、表情や胴の模様がそれぞれ異なる木地山こけし(湯沢市)などを展示している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 441 文字 / 残り 284 文字)

秋田の最新ニュース