わらび座創立70年(2)地域密着 民話劇シリーズ、転機に

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年6月に3度の開幕延期を経て公開された「空!空!!空!!!」の初舞台=2020年6月6日、わらび劇場
昨年6月に3度の開幕延期を経て公開された「空!空!!空!!!」の初舞台=2020年6月6日、わらび劇場

 「ひたすら耐えて我慢するしかない時もある。そんな時は幸せに耐えろ。自分の魂は自分で守れ」

 戦争で夢を奪われそうになる主人公に向けた航空学校校長のせりふが、コロナ禍を耐える観客の心に強く響いた。わらび座が昨年6月から11月まで、仙北市のわらび劇場で上演したミュージカル「空!空!!空!!!」の一場面だ。

 女性パイロットの草分け的存在である三種町出身の及位(のぞき)ヤエが、数々の試練にもくじけることなく空を飛ぶ夢を追い続ける姿が好評を博し、延べ約1万5千人が観劇した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1122 文字 / 残り 888 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース