啓蟄に合わせ、恒例の「こも外し」 秋田市・天徳寺【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」の5日、秋田市泉の天徳寺で冬の間害虫などから樹木を守っていたむしろを外す「こも外し」が行われた。

境内の樹木からむしろを取り外す造園業者


 啓蟄は冬ごもりをしていた虫が地上に出てくる時期のこと。同寺では毎年11月に境内の樹木にむしろをまき付けて害虫を集め、啓蟄に合わせて外している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 304 文字 / 残り 165 文字)

同じジャンルのニュース