秋田道湯田―北上西間19・5キロ、国交省が4車線化候補に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 国土交通省は5日、高速道路の4車線化を進める候補として、秋田自動車道の湯田インターチェンジ(IC)―北上西IC間19・5キロを選んだと発表した。横手IC―湯田間は既に4車線化の事業を始めており、横手―北上西間の41・9キロは4車線化のめどが立った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 489 文字 / 残り 364 文字)

同じジャンルのニュース