大森山動物園のアフリカゾウ「だいすけ」天国へ、推定31歳

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの人に愛されたアフリカゾウのだいすけ(大森山動物園提供、昨年7月)
多くの人に愛されたアフリカゾウのだいすけ(大森山動物園提供、昨年7月)

 秋田市のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)は5日、2頭いるアフリカゾウのうち、雄の「だいすけ」(推定31歳)が死んだと発表した。死因は分かっていないが、両方の後ろ脚の状態が悪く、昨年10月からは部屋の外に出られなくなっていた。

 だいすけは元々は野生のゾウで、南アフリカ共和国で生まれた。1990年の推定1歳の時、秋田市政100周年事業の一環として雌の花子(推定31歳、現在は仙台市八木山動物公園)と一緒に来園した。温厚な性格で人を嫌うことがなく、長年にわたって多くの県民に愛された。

 大森山動物園によると、飼育下でのアフリカゾウの雄の寿命は長くて40歳ほど。だいすけは来園した頃から歩き方に癖があり、脚に変形が見られ、近年は加齢や体重増加に伴い負担がかかっていた。昨年10月から右後ろ脚の関節が腫れるなどの症状が出始めて屋外展示場に出なくなっていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 740 文字 / 残り 363 文字)

秋田の最新ニュース