アルヴェ映画館再始動! 稲田仁支配人に聞く

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の秋田拠点センター・アルヴェ内の映画館が昨年12月、「AL☆VEシアター」として再始動した。運営するのは、秋田ケーブルテレビ(CNA)の子会社・秋田新都心ビルが設立した「秋田シネマ&エンターテイメント」。同社社員で、支配人を務める稲田仁さんにシアターの特徴や今後の展望を聞いた。

稲田仁支配人

―再オープンから約2カ月、利用客の反応はどうか。

「『待っていました』『映画館があるとうれしい』などありがたい言葉をいただいている。一方、昨年末のオープン後は大雪のため、正月興行の客足は伸び悩んだ。新型コロナウイルスの影響で来場者は安定しておらず、我慢の時期はもう少し続きそうだ」

―シアターの特色は。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1165 文字 / 残り 873 文字)

秋田の最新ニュース