遠い風近い風[井川直子]単機能好き

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 この世へ、たった一つの使命を持って生まれたものに愛を感じる。単機能といわれる道具だ。

 それも「栓を抜くための栓抜き」といった正統派より、「なぜこんなことのために!」と、ほんのり呆(あき)れてしまうくらいの用途であるほどくすぐられる。

 それを自覚したのは、友人が「有名デザイナーのだから」の前置きとともにくれた、北欧みやげのフォイルカッターだった。ワインのコルク栓をカバーしているキャップシールを「切る」ためだけの道具である。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1277 文字 / 残り 1064 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース