プロ野球開幕間近(4)ヤクルト・石山泰稚投手

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ヤクルトの石山泰稚は今季も抑えを務めることは確実だ。それでも「若くていい投手が何人も出てきたのでまた競争。そこで一番になって、今季も九回に投げたい」と慢心せず練習に励んでいる。

ブルペンで投球練習するヤクルト・石山=浦添


 昨季44試合に登板して3勝2敗20セーブ、防御率2・01。抜群の安定感で、チームの黄金期に抑えを務めた高津監督から信頼を勝ち取った。本人の中では「投手コーチの石井さんも名クローザー。それぞれが『俺ならこうするのに』と思っているのかな」とまだ自信は持てないという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 791 文字 / 残り 570 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース