わらび座創立70年(3)あきた芸術村 リゾートと融合し飛躍

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「わらびと」最新号の1ページ。コロナ収束後のあきた芸術村を思い描いた夢で埋め尽くされている
「わらびと」最新号の1ページ。コロナ収束後のあきた芸術村を思い描いた夢で埋め尽くされている

 秋田発の本格ミュージカルを楽しんだ後は、劇場に隣接するレストランでの食事や敷地内で製造された地ビールが楽しめる。温泉に漬かって一泊し、武家屋敷のある角館や自然豊かな田沢湖に足を延ばすのも良い。仙北市のわらび座が拠点とする「あきた芸術村」は複合型の観光拠点だ。

 わらび劇場(700席)と小劇場(100席)を中心に、日帰り温泉やホテル、レストラン、観光農園などを置く。国際大会で何度も優勝経験がある田沢湖ビールの工場も備えている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1058 文字 / 残り 844 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース