ハピネッツ、体寄せ相手のミス誘発 高い集中力で得点量産

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―滋賀】第3クオーター、ゴール下に切り込んできた相手をディフェンスする秋田のカーター(左)=CNAアリーナ
【秋田―滋賀】第3クオーター、ゴール下に切り込んできた相手をディフェンスする秋田のカーター(左)=CNAアリーナ

 秋田はディフェンスのプレッシャーが効き、ミスを誘発しながら相手の主力外国籍選手を抑えた。前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は攻守で振るわなかった前節の新潟戦に触れながら「チームとして崩れてしまった点を切り替えて臨んでくれた。後半の失点が非常に多かったので次戦の課題」と語った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 619 文字 / 残り 483 文字)

秋田の最新ニュース