「うかい竹亭」おかみは秋田市出身 料理長からも厚い信頼

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「うかい竹亭」のおかみ、佐藤亜子さん
「うかい竹亭」のおかみ、佐藤亜子さん

 東京都八王子市の懐石料理店「うかい竹亭(ちくてい)」でおかみを務める佐藤亜子さん(40)は秋田市出身。約15人の接客スタッフとともにかれんな花々を随所に生けたり、茶室でお茶を振る舞ったりして客を迎え、和の風情やわびさびの世界観を演出している。

 秋田北高―秋田大卒。秋田市内の民間会社に勤めた後、「大学時代に和食店で働いた経験を生かし、接客の仕事をしてみたい」と2007年に転職。都内の系列店での勤務を経て5年前にうかい竹亭へ移った。

 店では秋田県産の野菜や山菜、日本酒を取り扱っている。佐藤さんは「料理やお酒を通じて秋田をPRできるのが何よりうれしい。お客さまが味わった時の反応を見るのも楽しみ。まだ知られていない秋田の魅力をもっと広めていきたい」と笑顔を見せる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 823 文字 / 残り 490 文字)

秋田の最新ニュース