雪の中にキャベツ!親子連れ収穫 だまこ作りも挑戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
掘り出したキャベツを抱える子どもたち
掘り出したキャベツを抱える子どもたち

 JA秋田しんせい(本店・秋田県由利本荘市)の食育事業「あぐり体験スクール」が6日、同市東由利地域で開かれ、同市やにかほ市の親子54人が、雪中キャベツの収穫や地元食材を使った料理を楽しんだ。

 会場のキャベツ畑には30センチほどの雪が残り、親子らは雪の下に埋もれた大玉を見つけ出すと、スコップや手で慎重に掘り出した。直径25センチ、重さ2キロを超えるものも見つかり、子どもたちは「こっちにある」「大きい」などと歓声を上げていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 631 文字 / 残り 418 文字)

秋田の最新ニュース