プロ野球開幕間近(5)ロッテ・成田翔投手

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ロッテの成田翔は6年目のシーズンに向けて強い決意で臨んでいる。左打者封じという明確な役割を掲げ、救援の一角に食い込むことを目標にしている。「最低限、30試合はしっかり投げていきたい。50試合と言いたいけど10試合も投げられていない。アピールしないと」と危機感をバネに練習に取り組む。

ブルペンで投球練習するロッテ・成田=石垣

 昨季は3試合の登板に終わった。キャンプは2軍スタートとなったが、横手より少し高めの位置からリリースする投球フォームに取り組んだ。ブルペンで一球一球、感触を確かめながらフォーム固めに励み「左打者に打ちづらい球、角度を追い求めてやっていきたい」と必死だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 783 文字 / 残り 515 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース