大会、合宿誘致でにぎわい創出 大館にスポーツコミッション

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ランニング教室で汗を流す市民
ランニング教室で汗を流す市民

 スポーツと地域資源を生かして地域活性化と市民の健康増進を図る、秋田県大館市の「地域スポーツコミッション」が6日、設立総会を開き、市内でスポーツ教室も行った。

 県内4例目。官民が連携して大会や合宿を誘致し、観光業と連携して交流人口の拡大を目指すほか、障害者スポーツの普及や選手の育成にも取り組む。

 設立総会はプラザ杉の子で開かれ、委員とアドバイザー計14人が出席した。名称を「スポーツコミッション大館」(SC大館)とし、スポーツや商工など13団体の代表各1人が委員を務めることや、事務局を市スポーツ振興課に置くことを決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 885 文字 / 残り 623 文字)

秋田の最新ニュース