二重国籍の英女性、刑期終了 イラン、出国は不透明

お気に入りに登録

 【テヘラン共同】イランで体制転覆を企てたとして禁錮5年の判決を受けた英国とイランの二重国籍の女性が7日、刑期を終えた。判決を受け収監された後、昨年3月から自宅軟禁となっていた。ただ今月中旬に裁判所に呼び出されており、イランを出国できるかどうかは不透明だ。両国のメディアが報じた。

 女性はナザニン・ラトクリフさんで、居場所を確認するため足首に着けられた装置が7日に外されたという。ラーブ英外相はツイッターで「できるだけ早く、英国に戻ることが認められなければならない」と述べた。