得意のセットプレー、J2でも威力発揮 ブラウブリッツ秋田

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【栃木―秋田】後半、敵陣右サイド深くに攻め入る秋田の中村(左)=カンセキスタジアムとちぎ
【栃木―秋田】後半、敵陣右サイド深くに攻め入る秋田の中村(左)=カンセキスタジアムとちぎ

 得意のセットプレーから生まれたゴールが、秋田のJ2初勝利を呼び込んだ。

 前半11分、FKの場面でMF沖野将基はキッカーのDF鈴木準弥に「(シュートを)打ちたい」と伝えていた。目の前に来たグラウンダーのパスに対し沖野は、ペナルティーエリアの外から一気に走り込み右足を振り抜いた。シュートはゴール左に一直線に吸い込まれた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 590 文字 / 残り 430 文字)

今季ブラウブリッツに加わった新戦力の特長を紹介します

同じジャンルのニュース