「最後に難しいシュートになったのは僕の責任」 前田HC

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―滋賀】第4クオーター終盤、スチールからレイアップシュートを決める秋田の古川=CNAアリーナ
【秋田―滋賀】第4クオーター終盤、スチールからレイアップシュートを決める秋田の古川=CNAアリーナ

 17点ビハインドで折り返した前半の重たさを吹っ切るかのように、第3クオーターはギアを入れ直し猛追。最終盤には1点差まで詰め寄ったが、前半のダメージが最後まで響いた。

 立ち上がりは3連続得点でスタート。しかし、難しいシュートを強いられてミスを犯し、守備から立て直せなかった。前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は「前半がソフトになってしまった」と語り、ガード古川孝敏は「表現が難しいがチームとして我慢できなかった」と言い換えた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 592 文字 / 残り 382 文字)

秋田の最新ニュース