その電子マネー、ご自身でお使いですか? コンビニ店長の機転が…

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署からの感謝状を受け取る石塚店長(左)
秋田中央署からの感謝状を受け取る石塚店長(左)

 日頃から意識している声掛けの姿勢が特殊詐欺被害の未然防止に生きた。秋田市のローソン秋田泉中央3丁目店が、だまされて電子マネーを購入しようとしている高齢客から事情を聴き出し、購入を思いとどまらせた。

 石塚淳子店長(51)によると、80代の男性客が来店したのは、2月1日午後3時すぎ。電子マネー3万円分を購入しようと、電子マネーの種類や金額などを書き込んだメモ紙をレジにいた店員の河田洋幸さん(46)に示した。

 河田さんと近くにいた石塚店長が「ご自身でお使いですか」と尋ねると、男性は「支払いに使うため買ってくるよう電話で言われた」と戸惑った様子で答えた。

 特殊詐欺を疑った石塚店長と河田さんは「警察に相談しましょう」と話して購入を踏みとどまらせ、近くの交番に連絡。被害を未然に防いだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 880 文字 / 残り 538 文字)

秋田の最新ニュース