政治と女性(2)「女のくせに」が最初の壁 県内女性議員アンケートから

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 なぜ、政治の世界に女性が少ないのか。その理由を探るため、秋田魁新報社は1月から2月にかけ、県内の女性議員43人を対象にアンケートを行いました。そこで浮かび上がったのは、議員という仕事への熱意ややりがいとともに、少なからぬ女性議員が直面している差別的な体験や重圧でした。寄せられた回答の一部を4回にわたり紹介します。

 ◇  ◇

 「女子(おなご)のくせに、何できる」

 県央のある議員は2010年、初当選した時に市民から掛けられた一言が、忘れられない。〈この言葉が一番最初の壁でした。議員はまだまだ、男社会なのだと感じています〉

 この議員だけではない。「女のくせに」―政治の道を志した時、女性議員たちがそうした声を受けていることが、アンケートで分かった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1457 文字 / 残り 1132 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース