「誰一人取り残さない」 SDGs、理解深める 能代高で講座

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
太田助教(画面)の話を聞きSDGsについて学ぶ1年生
太田助教(画面)の話を聞きSDGsについて学ぶ1年生

 秋田県能代市と交流協定を結んでいる総合地球環境学研究所(地球研、京都市)のオンライン講座が4日、能代高校で開かれ、国連が掲げる2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)について1、2年生約210人が理解を深めた。

 SDGsは「誰一人取り残さない」を基本理念に、貧困や飢餓の撲滅、気候変動対策、資源保護など17の目標で構成。15年の国連サミットで採択された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 597 文字 / 残り 416 文字)

秋田の最新ニュース