プロ野球開幕間近(6)阪神・石井大智投手

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 阪神のドラフト8位新人の石井大智(四国アイランドリーグplus高知)は1年目のキャンプを1軍で過ごした。実戦で好投を重ねて首脳陣へのアピールに成功し「いずれは勝ちパターンで、ずっと投げないと(プロで)長生きはできない」と意気盛んだ。

 身長175センチと大きくないが、上から投げ下ろす直球に角度がある。得意のシンカーは鋭く、空振りが取れる。掘り出し物になりそうで、矢野監督はキャンプ中に度々言及。「右の中継ぎ候補では一番いい。勝ちパターンでもいけると思う」と期待を寄せる。秋田高専から夢を追い掛けて挑戦した独立リーグで成長し、プロの扉をこじ開けた精神力を買い「肝っ玉が据わっていて動じない」と評する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 759 文字 / 残り 459 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース