酒気帯び運転で減給処分 国交省秋田空港事務所の60代職員

会員向け記事
お気に入りに登録

 国土交通省東京航空局は、秋田市の秋田県道で酒気帯び運転をしたとして、秋田空港・航空路監視レーダー事務所の60代男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。5日付。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 408 文字 / 残り 322 文字)

秋田の最新ニュース