各校で会場準備、コロナ対策も徹底 9日、高校入試一般選抜

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
学力検査会場の消毒をする教職員ら=秋田市の新屋高校
学力検査会場の消毒をする教職員ら=秋田市の新屋高校

 秋田県内公立高校入試の2021年度一般選抜が9日、全日制46校(分校、地域校を含む)と定時制6校で行われる。志願者計5092人が学力検査と面接に臨む。

 8日は各校で会場の準備を進めた。119人が志願している新屋高校(秋田市)では、受験番号が記された紙を教職員が机に貼り付けた。新型コロナウイルス対策として、座席の間隔は1メートルほど離した。マスクの着用や手指消毒を促すポスターを掲示したり、机や椅子を消毒液で拭いたりもした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 507 文字 / 残り 294 文字)

同じジャンルのニュース