大森山のゾウ・だいすけ、死因は循環不全 転倒後体を圧迫か

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの人に愛されたアフリカゾウのだいすけ(大森山動物園提供、20年7月)
多くの人に愛されたアフリカゾウのだいすけ(大森山動物園提供、20年7月)

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)は8日、アフリカゾウの雄「だいすけ」(推定31歳)の死因について、転倒後に起き上がれず自らの重みで内臓や血管を圧迫したことによる循環不全だったと発表した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 344 文字)

秋田の最新ニュース