秋田市の小中学校再編、議論進む 親や住民からは要望や不安

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 少子化に伴う秋田市立小中学校の再編を巡り、各地域で保護者や地域住民の代表による協議が進んでいる。統合時期や使用校舎の方針が決まり、より具体的な議論に入る地域も増えており、早期の統合に期待する声が上がる一方で、不安や要望も多くなっている。


 「バスを秋田西中まで走らせてほしい」「同窓会も含めた閉校式典を行いたい」。2023年4月をめどに統合する見通しの秋田西中、豊岩中、下浜中。1月中旬に開かれた3校の学校統合準備委員会では、スクールバスの運行のほか、統合後の制服や体育着、閉校式典について保護者や住民が意見を交わした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1162 文字 / 残り 902 文字)

秋田の最新ニュース