「コロナ、震災以上」52%、県内企業 影響長期化が要因か

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 東京商工リサーチ秋田支店の新型コロナウイルスに関する秋田県内企業アンケートで、2011年に発生した東日本大震災の後とコロナ禍を比較した場合、コロナ禍の方が業績にマイナスの影響を与えていると答えた企業が5割超に上った。同支店は「震災の影響も大きかったが、コロナ禍の影響はさらに深刻ということがうかがえる。収束が見通せず、影響が長期化していることが要因と思われる」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 972 文字 / 残り 785 文字)

秋田の最新ニュース