県選手・寄せる思い(3)ハピネッツ・伊藤駿さん 被災地・仙台市出身

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
滋賀とのホーム戦の前に黙とうをささげる伊藤さん=7日、秋田市のCNAアリーナ
滋賀とのホーム戦の前に黙とうをささげる伊藤さん=7日、秋田市のCNAアリーナ

 2011年3月11日から10年がたとうとしている。バスケットボール男子Bリーグ、秋田ノーザンハピネッツの伊藤駿さん(31)=仙台市出身=はチーム唯一の東北出身者。移籍を機に19年から秋田市に住む。あの日は「すごく嫌な日」だと言う。津波で家族や家が流されたり、自宅が火事になったりした話を友人から聞いた。多くの命が失われたことにも心を痛めた。

 大学バスケットボール界の強豪、青山学院大3年の時に震災を経験した。相模原市にある大学の体育館で午後の練習が始まる頃、激しい揺れに襲われ、屋内にいた部員ら約20人が急いで外へ逃げた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1148 文字 / 残り 886 文字)

秋田の最新ニュース