記憶風化させず次代へ、防災パネル展 アルヴェ

会員向け記事
お気に入りに登録

 「東日本大震災から10年~災害の記録とこれから~」をテーマにした防災パネル展が8日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで始まった。震災の風化を防ぎ、地域住民の防災意識を高めようと秋田大地方創生センターが企画した。11日まで。

東日本大震災の被害を伝える写真などが並ぶ防災パネル展

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 622 文字 / 残り 509 文字)

秋田の最新ニュース