弁当食べた5人が食中毒 能代の飲食店、2日間営業停止処分

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県生活衛生課は8日、能代市畠町の飲食店「尾張屋」の弁当を食べた40~70代の男性5人がノロウイルスによる食中毒を発症したと発表した。重症者はおらず、全員快方に向かっている。能代保健所は店を8日から2日間営業停止処分とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 367 文字 / 残り 253 文字)

秋田の最新ニュース