政治と女性(4)「縛っているのは自分」 県内女性議員アンケートから

有料会員向け記事
お気に入りに登録

「国際女性デー」のシンボル、ミモザの花

 〈(選挙の)たすきを掛けるまでエプロン姿で家の仕事をしています〉。こうつづったのは、県央の議員。

 嫁として母として、やりくりに苦心しながら議員活動をする姿が、複数の回答から浮かび上がった。

 県南の議員は、女性議員の多くが議員活動と家庭との「やりくり」に縛られる理由を、こうつづる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1911 文字 / 残り 1770 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース