プロ野球開幕間近(9)ソフトバンク・佐藤宏樹投手

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ソフトバンクの育成ドラフト1位ルーキー佐藤宏樹(慶大)は肘の手術を受けた影響でキャンプをリハビリ組で過ごした。ランニングや体幹トレーニングなど、投手としての土台づくりに励み「けがなく、何年も1軍の舞台で投げ続けられる投手になりたい」と長期的な目標を掲げる。

 22歳の左腕。大館鳳鳴高から慶大に進み、最速151キロの切れのある直球を武器に活躍した。1年生の秋に最優秀防御率のタイトルを獲得するなど強烈な印象を残したが、同時に肘の痛みにも悩まされ続けた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 769 文字 / 残り 543 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース