時代を語る・柳田英明(26)故郷の祝意、深く感謝

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金メダル獲得に沸く八郎潟町の実家=昭和47年8月31日
金メダル獲得に沸く八郎潟町の実家=昭和47年8月31日

 帰国して以来、フワフワした感じがしてしようがありませんでした。東京都内の目抜き通りを車でパレードしたり、首相に面会したり、さらには天皇陛下に拝謁(はいえつ)するなど初めて経験することが相次いだからです。

 それは昭和47(1972)年9月16日、故郷に帰ってからも変わりませんでした。空路秋田入り。母校・秋田商業高ブラスバンド部のファンファーレが鳴り響く中、タラップを降りると、駆け付けてくれた八郎潟町民から「万歳」の声が上がりました。それからまた、オープンカーによるパレードです。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 775 文字 / 残り 534 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース