地域住民が泉外旭川駅開業祝う 県内で20年ぶりの新駅

会員向け記事
お気に入りに登録

 JR奥羽線の新駅「泉外旭川駅」が13日、秋田市泉菅野に開業した。泉、外旭川両地区をつなぐ地下自由通路も開通し、地域住民らが開業を祝った。秋田県内での新駅設置は2001年の羽越線岩城みなと駅(由利本荘市)以来20年ぶり。

 泉外旭川駅は無人駅で1日上下計76本が停車。秋田、土崎両駅はそれぞれ4分程度で結ぶ。両駅までの運賃は大人190円。開業初日は到着時刻に合わせて多くの地域住民らが訪れ、利用する姿が見られた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 502 文字 / 残り 297 文字)

秋田の最新ニュース