高校ラグビー部、NBの胸借りる 秋田市で教室

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高校生が秋田NBの選手の胸を借りたラグビー教室
高校生が秋田NBの選手の胸を借りたラグビー教室

 社会人ラグビートップイーストリーグの秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)による高校生対象のラグビー教室が13日、秋田市の秋田中央高校グラウンドで行われた。同校と金足農、男鹿工、秋田のラグビー部員計67人がパスやコンタクトプレーの基本動作を学んだ。

 秋田NBからは選手とスタッフ計37人が参加。パスやタックル、ボール保持者へのサポートについて実演を交えながら解説し、高校生に胸を貸した。タックルの練習では、秋田NBの選手が「脇を締めて、最後まで相手を見ながらぶつかっていこう」などとアドバイス。高校生たちはすぐに実践した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 422 文字 / 残り 163 文字)

秋田の最新ニュース