思い出胸に28人卒業、新たな一歩踏み出す 横手支援学校

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
松井校長から卒業証書を受け取る卒業生
松井校長から卒業証書を受け取る卒業生

 秋田県横手市の横手支援学校(松井克彦校長)で12日、卒業式が行われた。卒業生の保護者ら約100人が出席。小学部4人、中学部9人、高等部15人の計28人が思い出を胸に新たな一歩を踏み出した。

 松井校長は式辞で「卒業証書は、学習や部活動、実習を最後まで頑張ったことを示す証明書。これからも真っすぐな気持ちで未来に向かって羽ばたいてください」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 408 文字 / 残り 234 文字)

秋田の最新ニュース