候補者間での質疑ゼロ、討論会 2時間早く終了、主催者も「予想外」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
知事選の立候補予定者4人が参加した討論会
知事選の立候補予定者4人が参加した討論会

 任期満了に伴う秋田県知事選(3月18日告示、4月4日投開票)の立候補予定者4人による討論会が14日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれ、それぞれが重点政策や新型コロナウイルス対策などをアピールした。日本青年会議所東北地区秋田ブロック協議会(高橋隆太会長)の主催。

 参加したのは現職の佐竹敬久氏(73)、元衆院議員の村岡敏英氏(60)、県美容生活衛生同業組合前理事長の山本久博氏(69)、新日本婦人の会県本部前事務局長の相場未来子氏(50)の4人。

            ◆      ◆      ◆

 討論会では立候補予定者間での質疑応答の時間が設けられたものの、誰一人として挙手せず、予定より2時間早く終了した。主催した日本青年会議所秋田ブロック協議会の担当者は「予想外だった」と拍子抜けした様子だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 748 文字 / 残り 395 文字)

秋田の最新ニュース