男鹿市議会、議員定数を18から2減 条例改正を可決

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市議会は15日、議員定数を現行の18から2減の16にする条例改正案や21年度一般会計当初予算案、コロナ禍を受けた経済対策を盛り込んだ21年度一般会計補正予算案など26件を可決し閉会した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 257 文字 / 残り 158 文字)

秋田の最新ニュース