「羽後の國ファーム」事業終了へ 出資者間、経営方針に違い

会員向け記事
お気に入りに登録

 東成瀬村食肉加工センターの指定管理者で、食肉加工販売の「羽後の國(くに)ファーム」(菅原一範社長、同村田子内)が、共同出資者間の経営方針の違いを理由に、2020年度で事業を終了することが16日、分かった。同日の村議会定例会で、佐々木哲男村長が一般質問に答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 576 文字 / 残り 445 文字)

秋田の最新ニュース