地方点描:春の使者[大館支社編集部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 雪解けの進んだ山々の中腹にかかるもやを背景にしても、その白さは際立った。14日午前、大館市郊外ではハクチョウとハクガンが列を成して飛び交う姿が見られた。大館自然の会の渡り鳥観察会を取材中、美しさに引き込まれカメラのシャッターを切った。

 国内で越冬した鳥が続々と北へ向かう時季を迎えた。市内では米代川と長木川の周辺などが休憩地で、この日は31種類の野鳥を確認した。ハクガンを大館で見られるのは珍しいという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 435 文字)

秋田の最新ニュース