あきた知事選・課題の現場(5)「もうかる農業」道半ば 人手確保や効率化急務

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シイタケの生育状況を確認する佐藤さん=横手市十文字町のアグリドーム
シイタケの生育状況を確認する佐藤さん=横手市十文字町のアグリドーム

 今冬の大雪がまだ残る横手市十文字町には、菌床シイタケのハウス約90棟が整然と並ぶ。地元産の菌床ブロックに種菌を植え、生育に応じて温度を13~23度に調整。湿度を60%以上に保って生産する。JA秋田ふるさとを通じ、京浜地区や県内へ毎日出荷される。

 「食味の良いシイタケを大規模生産できる態勢が整ってきた。頑張れば頑張っただけ成果が得られ、やりがいがある」。ハウス30棟で生産する農事組合法人アグリドーム理事の佐藤新悟さん(44)が話す。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1382 文字 / 残り 1164 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース