大仙市議会、会議規則に議員の産休期間明記

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市議会は17日、21年度一般会計当初予算案、20年度一般会計補正予算案、市議会会議規則改正案など52件を可決して閉会した。

 補正予算は追加提案分を含め19億167万円で、累計569億5444万円。今冬の大雪で被害を受けた農業用ハウスの復旧支援事業1億7059万円など。

 市議会会議規則の一部改正は、議員が本会議や委員会を欠席する理由を届ける際、育児や介護などの項目を明文化したほか、産休期間を産前6週、産後8週と明記した。介護や育児などと議員活動との両立を図り、多様な人材の市議会への参画を促す狙い。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 389 文字 / 残り 133 文字)

秋田の最新ニュース