小野清子さんが死去 東京五輪体操銅メダリスト

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
死去した小野清子さん
死去した小野清子さん

 1964年東京五輪の体操女子団体総合銅メダリストで、参院議員として国家公安委員長などを務めた小野清子(おの・きよこ)さんが13日、死去した。85歳。秋田市出身。骨折の治療で入院中に新型コロナウイルスに感染し、治療を受けたが容体が急変した。自民党が18日、発表した。

 久保田中(現秋田南中)で体操を始め、秋田北高、東京教育大(現筑波大)卒。体操男子五輪金メダリストの小野喬さん(89)=能代市出身=と夫婦そろって60年ローマ、64年東京両五輪に出場した。61年に長女、63年に長男を出産。東京五輪ではともに日本のママさん選手の先駆けとなった池田敬子や、千葉(旧姓虻川)吟子(83)=大館市出身=らと体操女子で日本史上唯一のメダルを獲得した。

 現役引退後の65年に喬さんとともに民間スポーツクラブの草分けとなる「池上スポーツ普及クラブ」を設立し、地域スポーツの振興に携わった。

 86年に参院選で初当選しメダリスト初の国会議員となり、計3期務めた。2003年に女性で初となる国家公安委員長に就任。サッカーくじ(toto)の導入などに尽力した。女性初の日本オリンピック委員会(JOC)副会長、政界を退いてからは日本スポーツ振興センター(JSC)理事長などを歴任。住民のスポーツ参加率を自治体間で競う「チャレンジデー」を主催する笹川スポーツ財団の理事長も長く務めた。

 08年に旭日大綬章を受章し、16年に国際オリンピック委員会(IOC)から五輪運動の発展に寄与したことをたたえる五輪オーダー(功労章)が授与された。

秋田の最新ニュース