小野清子さんと東京五輪出場、千葉さん「仲間が先に逝くのは寂しい」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1964年の東京五輪で平均台の演技をする小野清子さん
1964年の東京五輪で平均台の演技をする小野清子さん

 1960年ローマ、64年東京両五輪に小野清子さんと一緒に出場した日体大名誉教授の千葉(旧姓虻川)吟子さん(83)=横浜市、大館市出身=は訃報に触れ「一緒に頑張った仲間が先に逝ってしまうのは本当に寂しい」と涙ながらに語った。

 清子さんは千葉さんより2歳上。現役時代は日本代表の座を争うライバルだったが「同じ郷里だから互いに響き合うところがあった。『清子さん』『あぶちゃん』と呼び合って、とてもかわいがってもらった」。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 878 文字 / 残り 670 文字)

秋田の最新ニュース