少子高齢化、コロナ… 今後の県政、有権者は何を要望?

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 知事選が18日告示された。新型コロナウイルス禍が長期化し、少子高齢化には歯止めがかからない。今後4年間の秋田県政のかじ取り役を決める選挙に、有権者は何を思うのか。各地で聞いた。

高齢化率全県一


 高齢化率が54・9%(昨年10月現在)と県内で最も高い上小阿仁村。上仏社集落で1人暮らしをする齊藤フミさん(91)は、集落内で空き家が増えていることに危機感を募らせる。「自分も今後、何があるか分からない。高齢者対策や空き家対策に力を入れてほしい」と話す。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1334 文字 / 残り 1110 文字)

秋田の最新ニュース